スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んむんむ。

 こんばんは、羽鳥です。
 最近、手があいてもなかなかここを更新する気になれないあたり‥‥疲れているのかしら。

 さておき、AFO。

 キリルはうまいこと参加できる依頼がなく。代わりと言ってはなんですが、カムイラメトクのほうが変態退治依頼に出かけて、褌を斬り捨ててきました。いまいち描写が薄いような気がしたけれども、まああのプレイングでは仕方ないのだろうなぁ‥‥他の人が濃かったし。イギリスで変態依頼に参加したときのほうが――と、ここまで考えて思い出しました。
 イギリスの時は、「あくまで冷静ですが弄っちゃってかまいません(意訳)」って書いてた。今回は書き忘れてた。それでか。書こう書かなきゃと思っていたのに、忘れるなんて‥‥年かorz

 ロートは現在、リプ待ち中。
 実は今朝くらいかな、「‥‥ロートのプレを書いた覚えがない!」と白紙の恐怖に怯えたわけですよ。突発的に。で、あわててパソコンの電源つけて、メール確認して、そうしたらちゃんと書いてありました。ああよかった。
 でも、プレイング確定メールを確認するまで、自分がプレに何を書いたのかを全く思い出せませんでした。‥‥やっぱり年ですかorz

 カンターが現在、相談中ですね。サラサさん、こちらこそよろしくですヽ(´ー`)ノ
 先日レベルが上がり、獲得したBSPと貯めてあったものと合わせて、COを習得しました。カウンターアタックです。
 エルフという種族特性によって、ファイターとしては体力が低く、かといって上昇させることもできないため、重い武器(えてして威力のある武器)は装備できないのです。おかげで、つくづく火力のないカンター。せめてポイントアタックを習得していたわけですが‥‥
 そこに今回カウンターが加わったことで、もっと広がりを持たせてあげられたかな?と思っています。敵の攻撃を回避後にカウンター。絵面的にもよいではないですか。将来的には、そこにポイントアタックを合成できるくらいになりたいものですよ。
スポンサーサイト

ぬぁぁぁぁぁっ!

 おはようございます、羽鳥です。

 銀雨のお話。
 臨の参加していたイベシナ『雪が彩る幻想世界』のリプレイが完成しました。笠原MSさんです。木犀君同行です。いつの間にやら参加者が58人に膨れあがっていたことには驚きを隠せません。

 いつも送り出してくれるお礼を述べたのですが‥‥ええと、地雷だったりしませんよねorz

 うーん。「自分は戦いたくても戦えないから」的なことだったりするのでしょうか。ほら、現在公開されている鬼依頼でも、見事なまでに怒っているわけで。

 ‥‥その依頼に外れたのが非常に悲しくてorz
 笠原MSさんのシナリオに参加するのを自重するといった口の根も乾かないうちに予約したのですが、神様は見ておられたのですな。
 滑り込みで別の鬼依頼に予約してみたところ、当選しまして、嬉しいやら申し訳ないやら。メインジョブのかぶる人がいなかっただけよかったです、はい。
 あ、もちろん全力で頑張りますよ。背後レベルで「やや難」は初めてだったはずですが。‥‥というか、全体依頼が初めてかも?



 ‥‥木犀君のお誕生日イベシナ、出るといいなぁ(わくわく

ぷすぷす‥‥

catch the sky の wiki → WT-wiki

 なんかアクセス解析にあったので、検索に引っかかりやすいように書いてみます。こんばんは、お久しぶりです、羽鳥です。

 ここ数日、脳味噌から煙をふいています。というのも、CTSの大規模作戦で慣れない分野に頭を使っているからなのですが。

 助けてくれる仲間のおかげで、構成人数が30人を越える【若葉隊】は稼動していられます。ありがとうございます。本当にありがとうございます。情報のまとめや装備の助言など、どうしても厳しい部分がありますので‥‥

 どうかどうか、これからもよろしくお願いします。

 第3フェイズは全員で出撃したいなぁ‥‥

区切り

 こんばんは、羽鳥です。

ロートアイコン:デフォ icon2_3.gif
 ロートとカンターが参加していた依頼が、リプレイ公開となりました。

 『【任務】対悪魔戦の調査と実践』と、『【破滅の魔法陣】~開放と解放~』。どちらも久条MSさんです。

 長かった‥‥長かったです。ようやく、ヘルメスを倒すことができたわけです。感無量。

 といっても、なんかこう、自慢できるようなことはしてないのですけどね‥‥。プレ書きの技量不足はともかくとしても、思いつかないっていうのはどうよorz

 ロートはパラディンチームに地形説明と魔法での援護をしていました。
 カンターは例のスープを受け取りにいくのと、らしゅたんを護るのとをしていました。

 よく言えば、縁の下の力持ち。
 でもつまるところは‥‥いや、せっかくの勝利です。しょぼーんとなるのはやめましょう。

 んでもって、つい声を出して笑ってしまったのは、「お父さんが奏で、お母さんが唄っていた歌」の登場。
 やっぱりそうだったのかー‥‥『【シチュエーション】お別れの条件』にて、ルディ:アイコン1が歌っていた鼻歌です。裏設定をちょろっと表に出したがゆえに、こういう設定の歌となったわけですが‥‥サン・ドニ修道院で流行してたとか、何それすんごいびっくりです。
 ‥‥でも、ここでひとつ問題が。
 ルディがアイちゃんに聞かせたのは鼻歌です。なぜならルディは、演奏に特化してあり、歌唱については吟遊万能(初期状態)でしかできないから。じゃあ、歌詞は?
 まあ、海の底から上がってきた時にでも教えたのだと脳内補完。仲良しになれていたようだったし、それくらいはしててもおかしくないですから。

 ‥‥ルディが知ったら、泣くだろうなぁ。

どうしたものか

 もう用は済んだだろうと判断して、前の記事を下げるために新しい記事を。

 そんなわけで、おはようございます、羽鳥です。

 数日前、アトリエシリーズを出しているガストから、一通のメールが届きました。内容を要約すると、「不具合続出だった『リーズのアトリエ』を、不具合修正版のものと交換します」というもの。
 ぶっちゃけ、遅すぎます。何ヶ月経ってると思っているのか。私なんか、もう手元にありません。

 で、手元にないということでひとつ問題が。

 基本的に、今回の交換は専用のフォームから申し込み、その後不具合ソフトをガストまで送ると、折り返し修正版ソフトが送られてきます。
 が。
 ガストの直販で購入した人の場合は、「こちらから自動的に修正版ソフトを送るので、到着後、不具合ソフトを送ってください」とのこと。

 ‥‥私、直販で購入したんですよね。

 ‥‥不具合ソフトが手元にないんですよね。

 ‥‥自動的に修正版が送られてきてしまうのに、不具合のほうを送り返すことができないんですよね。

 二重取りチック。どうしよう。メールか。ここは問い合わせメールを送らなければならないのか。でも専用のアドレスが書いてない!専用電話番号は書いてあるけど!!

 というわけで、電話してみました。

 修正版が送られてきたら、「同封の紙に連絡先が記載されているので、そこに、既に不具合ソフトが手元にないことを連絡してください」とのこと。
 じゃあ、送られてきた修正版はどうしたらいいのか?と尋ねると、「そのままお使いください」ですって。なんという太っ腹。
 ‥‥あ、でも、こちらとしてはゲームにお金を出したのに、そのゲームが不具合満載だったということでの保障なのだから、これでいいのかしら‥‥。

 まあ、不具合でやる気をなくして、クリアする前にソフトとさよならした身としては、嬉しいです。もう一度プレイしてみようかという気にはなりますよね。
 エンカウント率やアイテムゲット率、アイテムが壊れる確率なども、調整されているともっと嬉しいのですけど。

 とりあえずは、届くのを楽しみに待とうと思います。

追記的なもの

続きを読む

プロフィール

羽鳥

  • Author:羽鳥
  • 属性は文章書き。細々と生きてます。
    好物は無印良品。

    ここはリンクフリーですが、リンクしたことを教えていただけるととても喜びます。
ついったー
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
ブログ内検索
管理人作成
公式サイト
リンク
トトリのアトリエ
「トトリのアトリエ」公式サイトへ
(C)GUST CO.,LTD. 2010
さぽている
Sound Horizon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。