スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく再決定

 こんにちは、羽鳥です。モチベーションはどうにか復旧傾向にあります。復旧が遅くなればなるほど、後々に自分の首が絞まるので、早く完全復旧してしまいたいところです。
 しかし私が復旧するのと反比例するかのように、パソコンの調子が悪くなっていっているのはどうしたものか。ここ数日の間に、エラーで再起動かかったり、再起動後も不安定だから結局完全に落とさなきゃいけなくなったり、かと思えばいきなりブツンと落ちたり。弟が嬉しそうに買い替え買い替えと騒いでくれるのがすんごい憎たらしい。せめて給料日までもってくれ‥‥

 というわけで、本題に入りましょう。今回は超久しぶりにアトリエの話題でも。といっても富で言うところのアトリエではなく、株式会社ガストから発売されているゲームのことですのであしからず。

 3月に発売されるはずだった「リーズのアトリエ~オルドールの錬金術士~」ですが、発売延期となっておりました。それがつい先日、ようやく発売日が再決定したんですね。4月19日だそうです。公式通販で頼んであるので、早く来ないかわくわくしています。まだ世界中の迷宮が終わってないくせにね。

 さて、このリーズのアトリエ。イリスシリーズの間に冒険のほうへ傾いていた天秤が、調合のほうへ戻ってきた感じがします。やっぱり調合が楽しめなきゃアトリエじゃない‥‥そんな風に考えている私は、ザールブルグシリーズの信奉者。アイテムや調合レシピの種類がどれだけ豊富か、楽しみにしていようじゃないか。

 でも、通信機能はあくまでもおまけにしかならないと思う。DSだからこそのお手軽通信機能だけれど、時には運も必要なレアアイテムをどうやってゲットするかは醍醐味のひとつであって、それを交換してはい終わりじゃ物悲しすぎるし、つまらなくなる要因のひとつであるような。まあ購買者層を広げるという点では、そういうお手軽さは必要かとも思うけれど。

 それから、弟とも話していたのだけれど。最近の絵柄は狙いすぎだと思う。マリーやエリーの頃のように、硬派な絵柄に戻してほしい‥‥。最近の絵柄がかわいくないわけではないけれど、錬金術に生きる錬金術士は、調合に没頭する姿こそが美しいのであって、萌えとかそっち方面を狙う必要はない気がする。萌えはアルトネリコでいいじゃない。
 しかし弟は話の最後をこう締めくくった‥‥「昔の絵柄に戻したら売れないんだよ」
 がっでむ。
 私は戻ったら確実に買うが、新規の開拓は難しくなってしまうんだろうなぁ。

 まあ声優さんが豪華すぎるくらいに豪華なのはいつものことですかね。相変わらずの子安さんとか。大塚明夫さんがいるのは面白いね。

 ただ、ダグラスを越える男キャラはまだ発表されていない。これが一番残念。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

羽鳥

  • Author:羽鳥
  • 属性は文章書き。細々と生きてます。
    好物は無印良品。

    ここはリンクフリーですが、リンクしたことを教えていただけるととても喜びます。
ついったー
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
管理人作成
公式サイト
リンク
トトリのアトリエ
「トトリのアトリエ」公式サイトへ
(C)GUST CO.,LTD. 2010
さぽている
Sound Horizon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。