スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぃー・むっしゅ

 朝起きたら左まぶたが腫れていました。こんばんは、羽鳥です。時間が経つにつれて腫れはひどくなり、意識しなくても血流がわかるようになってしまいました。下向くだけで圧迫されて痛いorz

 さてさて、SoundHorizonのサイトにて宣伝されていましたので、本日早速購入してまいりましたよ、ウルジャンを。251ページから掲載されているのは、「Roman 朝と夜の物語」ですよっ!

 以下、盛大にネタばれです。
 今回はプロローグ編ということで、双子の人形にイヴェールが送り出される様子が描かれています。人形可愛いよ人形。髪型の些細な違いや、瞳の中の描き方の違い、スカートやフリルの色の違いなど、微妙に描きわけられております。猫みたいな口元が可愛い‥‥これはヴィオレットのほうだけかな?
 あと、あの宝石がちょくちょく顔出します。背景みたいな感じで。

 で、双子の片割れが垣間見た物語はどんなものかというと、戦争で家族のほとんどを喪った女性が、やはり喪ってしまった旦那さんとの間にできた子を死産(流産?)してしまう、というもの。
 命があるなら、また命を産める機会がくる。命は廻るものだから、いつかまた――そうは思ってみるものの、やはり涙はあふれてくる。愛した人との間にできた、愛しい子。思い描いていた、三人の幸せな暮らし。
 許しを請う言葉。そしてお別れの言葉。既に決めてあったらしい、その子の名前は‥‥

 歌詞からわかっていた部分が多いとはいえ、改めて視覚で捉えると、きついものがありますよね、これは。語りだすと多分止まらないので、このあたりで終了しておきます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

羽鳥

  • Author:羽鳥
  • 属性は文章書き。細々と生きてます。
    好物は無印良品。

    ここはリンクフリーですが、リンクしたことを教えていただけるととても喜びます。
ついったー
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
管理人作成
公式サイト
リンク
トトリのアトリエ
「トトリのアトリエ」公式サイトへ
(C)GUST CO.,LTD. 2010
さぽている
Sound Horizon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。