スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフイベ開催を要望しようぜ!

 数日前、駅前の階段を正座に近い状態で滑り落ち、現在はあざや打ち身や擦り傷で膝~膝下が覆われています。

 こんにちは、羽鳥です。だいぶ落ち着いてきたものの、まだ正座は痛くてできません。

 さて本題。カテゴリはAFOとなっていますが、まあ、寺のゲーム全般に関わるお話でしょうか。端的に述べてしまえば、

 「オフイベ開催」を要望しようぜっ!!

 ‥‥というものです。
 ちなみに「これ」、オフイベ用告知ページっぽい。今は去年の秋どさについてになっています。

 といっても、多分そう簡単にはいかないのだと思います。
 毎年恒例だったゴールデンウィークのどさいべですらも実施されなかった(しかも告知すらなかった)のは、オフイベが寺にとって実のあるものではないと判断されているからだと思うのです。少なくとも上層部からは。
 それと、「別にネトゲなんだし、オフでいろいろしなくてもいいだろ」的なところがあるような気がしないでもないです。

 なので、オフイベ開催のためには以下の2点をおさえる必要があるのではないでしょうか。
 1:オフイベが寺にとって有益なものとなるようにする
 2:オフイベを開催しなくてはならないような状況にもっていく

 ポイントごとに、PLが何をできるのか、掘り進めていってみましょう。

====================================================
1:オフイベが寺にとって有益なものとなるようにする

参加費

 何はともあれ、まずこれ。
 去年の秋どさは無料だったようで‥‥確かに無料は嬉しいけれども、それで「採算が取れないからオフイベやめる」となるのでは、それはそれで困っちゃいます。そもそも会場の使用料や寺スタッフの交通費など、どうしたって経費はかかるんですから、このあたりは皆で協力すべきところではないでしょうか。
 オフィシャル主催のイベントなんだから入場無料にすべき、という意見の人もいるかもしれませんが、そんなことができるほど大きくてしっかりした企業じゃないしょう、寺は。

 PL各自のお財布状況などによって、いくらまで出せるかは決まってくると思いますが、私としては「500円」を推してみます。ワンコイン。まあ100円玉5枚を出してくる人もいるとは思いますが。
 1000円は、学生さんには厳しいと思うのですよ。札だもの。札を出すのと硬貨を出すのとでは、ぜんぜん感覚が違いますからね。

参加者を増やす

 参加者となるべきPLに、会場から遠い人が自然と多くなるのもネトゲならではかと思いますが‥‥
 近場に住んでいても行かない人というのは、公開されているイベント内容に魅力を感じないからではないでしょうか?(仕事やその他の事情で「行けない」のは仕方のないことです)
 参加者が増えなければ、参加費での収入も増えません。よって、利益は出にくくなります。寺の利益となるイベントにするためには、参加者の増加が見込めなければいけません。

 前述のとおり、魅力の感じられるイベントでなければ、行きたいと思う人は増えません。
 まず、考えてみてください。
 「あなたはどんな内容のイベントであれば参加したくなりますか?」

 普段はネット上でしか話せない知人PLとじかに会って交友を深めたり、
 ネット上ではNPCを通した会話しかできないMSの生の声を聞けたり、
 通常は頼めない、イベント限定のOMCセット商品を購入できたり、

 ‥‥‥‥‥‥最近のオフイベの魅力といえば、こんなところのようです。
 はっきり言って、華が足りないのではないでしょうか。もうちょっと何かほしいですよね。
 抽選で夢屋においてある賞品が当たるとか。あのやぎのマグカップやトートバッグは地味にかわいいと思うんだがどうか。

開催地域

 前にも少し言っていますが、スタッフの交通費はけっこう大きな費用です。北海道から来ますので。
 なので、本土3か所を回るようなどさいべは、本当に費用がかかると思われます。

 東北や九州での開催を望む人も少なくないはずですが、寺の負担を減らすためには、関東と関西の2か所におさえるのも手ではないかなと考えます。

====================================================
2:オフイベを開催しなくてはならないような状況にもっていく

 これには、なるべく多くのPLが、きちんとした「要望」という形で寺に希望を伝えていくことが重要だと私は考えています。多くの人の声が集まれば大きな声となり、寺も無視できなくなるでしょう。

 ではどうすればいいか。

 各自、参加しているゲームがありますよね。そのゲームには問い合わせのページがあると思います。で、問い合わせのページには「要望」の項目があると思います。そこを使いましょう。

 要望の内容は具体的でなければいけません。

 ・オフイベを実施してほしい
 ・●月くらいがいいなぁ
 ・●●の地域を希望
 ・参加費は●●円くらいまでなら出せる
 ・こんな催しがあると嬉しい

 大体このくらいを書いておけばよさそうでしょうか。

 要望提出後、ブログを持っている人はそのブログに「要望提出した!」と明示しておけば、それを見た人が同じように要望を提出してくれる可能性が高くなるかもしれません。
 送った要望の内容も記載しておけば、他の人の参考にもなります。

 ‥‥そもそも、寺のほうでアンケートとればいい話ではないかと思うんですけどね。時期とか地域とか参加費とか。妙なプライドでもあるのだろうか。

====================================================

 以上、現時点での私の考えを記してみました。
 後でまた別のことを思いついたときには追記していきますね。

 自分の意見は違う、という人もいるでしょうが、そういった人はコメントに記入してもらえれば反応できますのでよろしくお願いします。できれば他の人にもわかるように、公開コメントで。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

低価格の有料イベントですが。
はっきり言って難しい問題だと思います。
確かに0円よりはましではありますが。

消防法等もあり、参加が見込まれる人数に見合った会場を確保する必要が企業側にあり、それを超えるようなら入場規制をかけなければなりません。

参加費が安い事で人数が増えればそれだけ広い会場が必要となりますから、一定金額より安くなると、人数が増えてもそれで儲からないという状況になります。

採算性を高める為には、一人あたりの客単価を上げる必要があるでしょう。
それ故に日帰り2000円のイベントなんてものが運営されていたんでしょう。
参加費2000円に尻込みするような人なら、3000円以上のイベント限定OMC商品を買い漁ってくれる期待は低いですし。

逆にそこで2万、3万を落とすような人に限れば、参加費が只、500円、1000円、2000円位で影響は出ないでしょう。

単純に参加者目線だけでいえば、入場料を払えない人も含めて大勢で顔を合わせて話をしたいという気持ちはよく分かります。

最初の参加ではお金を持ってきてなかった人も、他の参加者が良さそうなグッズやOMCの商品を買っていたら、次のイベントには買うつもりで来るかも知れません。

ですが、一度来た人が十分楽しめなかったら次は来るでしょうか?
イベント会場で数多く居るマスター達の一部とだけ少し話をできるというのは十分な魅力になるでしょうか?

どうせやるなら、イベント会場でマスターとライブセッション(TRPG)ができるとかの方が魅力的なんじゃないかと思います。
キャラクターは、WTのPCがあるんですから、TRPGコンベンションの様にキャラメイクに時間を取られずに済むでしょう。
OPとしてストーリーの概略を事前公開した上で、相談とプレイングからリプレイまでの流れをライブでやるなら、会場に足を運ぶ甲斐もあるんじゃないでしょうか?

きっちりと時間管理をすれば、10時位に開始して午前2時間昼1時間休憩を挟んでもう2時間3時位までにセッションを終了する事もできるでしょう。

ライブのTRPG経験がないマスターなんかも居て全参加MSができる訳じゃないでしょうが、十分な売りになりえると思います。

そういうイベントを提案してみるのもいいかも知れませんね。

す‥‥すみませんっ!コメントいただいていることにたった今気づきました!!orz

私は読参からAFOに入ったくちなので、ホビーの頃はまったくわからないのです。貴重な情報、ありがとうございます。

確かに、お泊りは貴重ですよね。語り合えますし。1万超えるというのはかなり厳しいですが、オフイベ自体がその年1回のみというのであれば、お金をためておこうという風に思考を持っていきやすくなりますよね。

でもやはり、安価で済む方法こそ必要ではないのかな、と思うのですよ。個人的にはPLの年齢2極化が進んでいるように感じるので。学生さんにはお泊りや1万超えなどは、厳しい以前の問題となってしまう可能性が高いですし‥‥

そういった学生さんや五十鈴さんのようにお子さんのいる方でも、「ちょっと知り合いの顔を見に」途中参加できるような気軽さが、今の寺には必要なのではないでしょうか。

こうも暑いとまぐろーんを抱っこしたくも無いので放置気味です、こんにちは(挨拶/マテ

オフイベですか~。
私はテラネッツのオフイベは参加した事無いのですが、今は無きホビー・データ社のオフイベなら何度か。

その時の経験から言うのであれば、

・開催は年1回
・開催場所は1箇所
・一泊二日の泊まり参加(どちらか1日参加も可能)

って形式は良かったなぁ、と思うのです。
年に1回、全国から1箇所に集まるからこそ、遠方からでも参加したいと思えますし(実際北海道から東京のオフイベに参加してましたからねー)、数時間じゃ話したり無いから徹夜してでもゲーム話や与太話に興じたいですよ~。

参加費は1万2~5千円と高額でしたけど、ゲームを通して仲良くなった人達と過ごす一日はとてもとても充実してました。

流石に今の私は泊り掛けのオフイベ参加は難しいですけどね(苦笑)
プロフィール

羽鳥

  • Author:羽鳥
  • 属性は文章書き。細々と生きてます。
    好物は無印良品。

    ここはリンクフリーですが、リンクしたことを教えていただけるととても喜びます。
ついったー
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
管理人作成
公式サイト
リンク
トトリのアトリエ
「トトリのアトリエ」公式サイトへ
(C)GUST CO.,LTD. 2010
さぽている
Sound Horizon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。