スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、長野へ行こう。

 サポートセンターへの連絡は、電話を諦めてメルフォにしました。でも現時点で返事は来てません。早く来てください…(切実)
 こんばんは、羽鳥です。

 最初に業務連絡。

・コメント、ありがとうございます。じっくり考えてみたいと思うので、お返事は少々お待ちください。
・拍手、ありがとうございます。可能であれば、宣伝していただければと思います。

 本題。

 私のルーツは長野にあると思ってます。というか、両親共に実家が長野だから、なんですけども(母は実家に戻って私を産んだので、生まれも長野です
 転勤族な父にくっついて数年ごとに移動していたために「地元」と呼べるところがない私にとって、それゆえに長野はある意味特別な場所です。…長野というか、むしろ母の実家のある町が。都会になりきらない、緑と共存する町。町おこしが成功して有名になって、道などが整備されて人は増えてきたけど、それでも小さい頃によく通った抜け道は相変わらずの、あの町が。

 けど冷静に考えてみたら、母の実家のある町以外の、長野の記憶はあまりないんですよね。父は「いろんなとこによく連れてってやったのに」と嘆きますが、5歳に満たない頃に連れられたのを覚えてる確率のほうが低いですよね、普通。たまにテレビでその場所が紹介されて、「あそこに行ったことがあるんだぞ」と言われても、「ふーん」としか返せません。悪いなぁとは思いつつ。

 何が言いたいかというと、大人になった目で、自分のルーツと思っている場所を巡ってみたいなぁってことです。「帰省」ではなく「旅行」をしたいのです。

 自他共に認める方向音痴なのでひとりで旅行とかまじめに怖いんですが、まずは母の実家のある町から始めてみれば、そうでもないのかなと。迷ったら「どこどこにある○○さんちはどう行けば!?」(○○=母の旧姓、要するに実家)で済むでしょうし。同じ町内におばさん家族も住んでいるので、そっちに連絡するのもありですしね。あと、毎日精を出していた畑にも出なくなってしまったという祖母の顔も見たいです。

 今までお泊りとかほとんどしたことがないので、まずはその壁から取っ払わないといけないんですけどねー…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

羽鳥

  • Author:羽鳥
  • 属性は文章書き。細々と生きてます。
    好物は無印良品。

    ここはリンクフリーですが、リンクしたことを教えていただけるととても喜びます。
ついったー
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
管理人作成
公式サイト
リンク
トトリのアトリエ
「トトリのアトリエ」公式サイトへ
(C)GUST CO.,LTD. 2010
さぽている
Sound Horizon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。